2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 水原希子さん、もし事務所クビになったら、南朝鮮に帰れば? | トップページ | 「日本のラーコシ・マーチャーシュ」=志位和夫のサラミ戦術の始まりか? »

2017年7月20日 (木)

呆れた中国の偽ウルトラマン。

中国といえば、四大文明発祥の国、日本も中国から学んだことが多く、敬意を表したい国と思っていた時期もありました。

でも、今は著しく軽蔑しています。とにかく中国ってパクリ大国なのですね。

今度はウルトラマンのパクリをやったのですね。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2877211

円谷プロも怒り心頭のようですが、中国の広州藍弧文化伝播有限公司という会社には馬耳東風のようですね。

というか、中国共産党が外国のパクリ、知的財産権侵害を奨励しているのでしょうか?

公安調査庁の監視対象団体として指定されている日本共産党も、所詮中国のスパイだから、その後押しをしているのでしょうか?

https://www.npa.go.jp/archive/keibi/syouten/syouten269/sec02/sec02_01.htm

それにしても、中国の偽ウルトラマンには呆れ返る。

今の中国人には文化創造の能力がないのでしょうか?

それにしても

http://www.tsuburaya-prod.co.jp/pressrelease/170719-ultraman/

 

« 水原希子さん、もし事務所クビになったら、南朝鮮に帰れば? | トップページ | 「日本のラーコシ・マーチャーシュ」=志位和夫のサラミ戦術の始まりか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事