2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 志位和夫や日本共産党への正しいやじの飛ばし方 | トップページ | 頑張れ、若き人妻よ! »

2018年1月31日 (水)

インフルエンザ流行!犯人は北朝鮮?日本共産党の暴力革命の一環?

「鈴木さん、インフルエンザなんだってよ」

「佐藤さん、インフルエンザなんだってよ」

「もしもし、山田さんいらっしゃいますか?」

「申し訳ございません。山田は今週いっぱい、インフルエンザで休みをいただいております」

何やらインフルエンザが流行っていますね。

犯人は北朝鮮?北朝鮮のスパイが故意に日本にばらまいている?

日本共産党もそれに協力している?

日本共産党の病院・代々木病院を始め、民医連系の医者もそれに協力している?

毛沢東は戦争中、何と日本の軍部と結託していたのですね。

戦前の日本の軍隊は反共の軍隊。毛沢東は共産主義者なのに、反共主義者と結託していたのですね。

これは何を意味するか?

「自分達が政権を取るためなら、自国民を殺してもいいんだ。死なせてもいいんだ!」

これが共産主義者、というより恐惨主義者・凶恐惨主義者・狂恐惨主義者の本音、本質だということです。

毛沢東主義者・スターリン主義者政党の日本共産党もこう考えているのではないでしょうか?

金正恩主義者・ポルポト主義者政党の日本共産党の考えもこのようなているのではないでしょうか?

« 志位和夫や日本共産党への正しいやじの飛ばし方 | トップページ | 頑張れ、若き人妻よ! »

恐惨主義・凶惨主義・狂惨主義」カテゴリの記事