2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オウム真理教7人の死刑執行が暴挙で、サリンテロは暴挙ではないのか? | トップページ | 足立康史よ、「立憲民主党とは、政治生命をかけて闘う覚悟だ」が本気なら、徹底的に実行せよ! »

2018年7月 6日 (金)

法務大臣・上川陽子に敬意を表す!

地下鉄サリン事件、松本サリン事件、弁護士一家殺人事件の犯人、

麻原彰晃(松本智津夫)、早川紀代秀、井上嘉浩、新実智光、土谷正実、中川智正、遠藤誠一が死刑になってよかった。

この決断を下した法務大臣・上川陽子には敬意を表したい!

上川陽子さん、あなたは素晴らしい法務大臣だ!

日本共産党系の弁護士は上川陽子の行為に批判的でしょう。

でもテロ政党・日本共産党系の弁護士は、日本共産党が政権政党になっていないから死刑反対なのであって、日本共産党が暴力革命で政権を強奪すれば、死刑大賛成派に変身すると思っていいでしょう。

北朝鮮のスパイ・日本共産党が暴力革命で実現したい社会とは、日本共産党や党首、党中央に少しでも批判的な言動をする者をいとも簡単に死刑にしてしまう社会なのです。

今の日本は自民党や安倍内閣をいくら批判しても死刑になりません。凶悪な殺人を犯さない限り、死刑になることはありません。

でも、中国のスパイ・日本共産党が目指す社会は、とにかく自分たちが気に入らない人を片っ端から死刑にする世の中なのです。

Photo_2

« オウム真理教7人の死刑執行が暴挙で、サリンテロは暴挙ではないのか? | トップページ | 足立康史よ、「立憲民主党とは、政治生命をかけて闘う覚悟だ」が本気なら、徹底的に実行せよ! »

殺人・凶悪犯罪」カテゴリの記事