2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 祝・オウム事件の死刑囚全員死刑執行! | トップページ | 批判者を精神科病院に強制入院させる!日本共産党も中国共産党も似たようなことするんですね! »

2018年7月28日 (土)

死刑を廃止するなら終身懲役刑にせよ!

オウム事件の死刑囚、結局13人全員死刑執行されたのですね。

私はこの死刑執行を暴挙とは思いません。

だって、サリンをばらまいて、多数の人を無差別に殺害したことこそ、大暴挙じゃないですか。

ただ、今回の死刑執行を機に、

「死刑廃止に向けて方針を転換すべきだ」という声もあります。

私はそれには反対ではありません。

https://www.asahi.com/articles/ASL7W5WZWL7WUTIL04Q.html

殺人事件の被害者の家族の中には

「簡単に死なせるのではなく、一生かけて罪を償わせよ」

という考えの人もいるようですが、その人の意見には賛成です。

となれば、

死刑を廃止するなら、終身懲役刑にすればいいのです。

そもそも、

死刑囚を一年生かすだけで250万円もかかるそうですが、これって税金の無駄遣いです!

死ぬまで懲役を科せばいいのです。

死刑に相当するような罪を犯した囚人は、

他の受刑者より睡眠時間を少なくし、食事も少なめにし、風呂に入れる回数も少なめにし、労働時間を多めにすればいいのです。

そして、被害者に対し、「〇〇さん、申し訳ございませんでした。殺害して申し訳ございませんでした」と、一日100回大声で言わせるか、紙に書かせることをやらせればいいのです。

また、

被害者の家族の恨みの声を録音して、毎日100回聞かせてやるのもいいかもしれません。

それから小原保が死刑になる直前に言った言葉のように、

「今度生まれ変わったら、真人間になります」

ということをを一日100回大声で言わせるか、紙に書かせることをやらせるのもいいかもしれません。

いずれにせよ、凶悪犯人を一生シャバに出してはいけません。

死刑廃止なら、死ぬまで懲役を科すべきです。

あと、忘れていけないことがあります。

日本共産党系の弁護士や団体が言う死刑廃止論は偽善に満ちた大嘘であるということです。

この連中が暴力革命で実現したがっている社会は、日本共産党に対して少しでも批判的な言動をした人を問答無用で情け容赦なく死刑にする世の中です

それを隠すために、かつ「日本共産党の世の中になったら死刑はなくなるぞ」という幻想を抱かせるために、偽善者的大嘘を言っているにすぎないのです。

そもそも日本共産党は、死刑大国・北朝鮮のスパイ、死刑大国・中国のスパイです。

志位和夫は日本のスターリンです。

志位和夫は日本のポルポトです。

志位和夫は日本のチョイバルサンです。

志位和夫は日本のラーコシです。

志位和夫は日本のゴットワルトです。

志位和夫は日本のチャウシェスクです。

志位和夫は日本のホッジャです。

志位和夫は日本の金日成・金正日・金正恩です。

Photo_2

« 祝・オウム事件の死刑囚全員死刑執行! | トップページ | 批判者を精神科病院に強制入院させる!日本共産党も中国共産党も似たようなことするんですね! »

殺人・凶悪犯罪」カテゴリの記事