2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« そんなの理由になるの?沢田研二が空席の多さを理由に自分のコンサートをドタキャン | トップページ | えーーーっ!?いじめが41万件だって!?過去最高だって!? »

2018年10月21日 (日)

叱ることも愛情の一つ!

何やら最近の若い人の中には、自分の親にさえ叱られたことがないまま社会人になり、上司や先輩に叱られたショックで会社に来なくなってしまうという人もいるとか。

私なんか若い頃は、毎日「お前何やってんだ」と罵られていた時期もあり、それを乗り越えてきたのですが。

やはり、叱ることも愛情の一つではないでしょうか?

親になっている人は我が子が誤ったことをしたら、叱るのが愛情ではないでしょうか?

学校の教師も、生徒のためを思うなら、誤ったことをしたら、叱るのが愛情ではないでしょうか?

学校だけでなく、塾の講師も、生徒のためを思うなら、叱ることも必要ではないでしょうか?

度が過ぎるような叱り方や、その子の人格を否定しうるような叱り方、暴力を伴う叱り方はまずいけど、誤ったことをしたら叱られるということをある程度経験させるべきではないでしょうか?

それと同時に、少しでも良い点は大いに褒めることも忘れてはいけません。

でも、叱ることも愛情の一つなのです。

我が子が可愛ければ叱られる経験も必要なのです。

生徒の将来を考えれば、叱られる経験も必要なのです。

打たれ強い子に育てることも必要なのです。

« そんなの理由になるの?沢田研二が空席の多さを理由に自分のコンサートをドタキャン | トップページ | えーーーっ!?いじめが41万件だって!?過去最高だって!? »

教育問題」カテゴリの記事