2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 名古屋市民のみなさん!西山あさみは、「北のあの国」・北朝鮮のスパイであることを忘れてはいけません! | トップページ | 【18歳未満閲読厳禁】不倫したくば、死も覚悟せよ!人妻をレイプする奴に同情する気になれない »

2018年12月 1日 (土)

やっぱり不倫はダメ!不倫や失恋で傷ついた人を食い物にしよとする輩もいるから

「大塚愛を震えさせた“夫の愛人”。不倫の憎しみはなぜ妻に向かうのか?」

と題する記事があります。

https://joshi-spa.jp/891870

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181129-00891870-jspa-life

いずれにせよ、不倫してはいけないのです。

自分の配偶者以外の異性に興味を持っても、不倫だけはやめましょう。

特に既婚者は

「女房と別れるから、僕と一緒になろう」

「旦那と別れるから、わたしと一緒になろう」

なんてことを言っても、ほのめかしても、そんな素振りを見せたり、そのような誤解を招く言動もいけません。

そして世の中には、不倫や失恋で傷ついた人を食い物にしよとする輩もいます。

代表的なのは、日本共産党です。

そういう人に言葉巧みに近づき、暴力革命の仲間に引き込もうとたくらんでいるのは日本共産党です。

日本共産党が暴力革命で実現したがる世の中は、労働者が幸せになる世の中ではありません。

日本共産党や党中央、党首に対して、少しでも批判的な言動をした者を密告させる世の中です。

それが夫婦、親子、兄弟姉妹、親友であっても、密告を義務付ける世の中を実現したがっているのが、日本共産党です。

口先では性の乱れを批判しても、影で性の乱れや不倫を煽動するのも日本共産党の正体であるとお考え下さい。

暴力革命のためなら、不倫も利用しようとするのが日本共産党であるとお考え下さい。

自分や自分の愛する人を死刑台に送り込まないためにも、不倫したり、日本共産党を支持したりすることはやめましょう!

吉良よし子を「共産アイドル」と呼ぶのはやめましょう!この女も所詮、「北のあの国」のスパイ!北朝鮮の工作員!あなたを死刑台に送るテロリストです。

Photo_2


Photo_3

« 名古屋市民のみなさん!西山あさみは、「北のあの国」・北朝鮮のスパイであることを忘れてはいけません! | トップページ | 【18歳未満閲読厳禁】不倫したくば、死も覚悟せよ!人妻をレイプする奴に同情する気になれない »

不倫」カテゴリの記事