2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

副業問題

2018年2月11日 (日)

会社の帰りに風俗でバコバコが良くて、何故、世のため人のためになる仕事したら、懲戒の対象なの?

会社の帰りに風俗遊びでバコバコやることが良くて、何故、会社以外のところで世のため人のためになることをして、会社に処罰されなければいけないの?

会社の帰りに風俗遊びでバコバコやることが良くて、何故、世のため人のために別の仕事をしたら、懲戒の対象にならなければいけないの?

会社の帰りに風俗遊びでバコバコやることが良くて、世のため人のために別の仕事したらクビ?

どう考えてもおかしいですね。

思想信条の自由を蹂躙していますね。

だから、副業禁止規定を設けている会社の社長は訴訟を起こされて当然なのです。

副業禁止規定を設けている会社の人事勤労担当役員は訴訟を起こされて当然なのです。

副業禁止規定を設けている会社の人事勤労部長は訴訟を起こされて当然なのです。

2018年1月 3日 (水)

サイボウズ株式会社の複業採用に注目!

サイボウズという会社を称賛したいですね。

複業採用なるものをしているのですね。

https://cybozu.co.jp/company/job/recruitment/fukugyou/

とは言っても注意事項もありますね。

  • 「すでに就業している企業(以下「就業企業」といいます)において複(副)業が許諾されている方」
  • との制限付き。つまり、現在勤めている会社に内緒でやる人お断り、ということですね。
  • 他にも

  • 「就業企業に対し必要に応じて労務管理等のために社会保険加入状況等を確認する場合があります。」
  • 「応募にあたり就業企業とのトラブル等が発生した場合でも一切の責任を負いません」
  • 「応募者は、当社に対し就業企業と締結している雇用契約等を開示いただく必要がありますので予めご了承ください。」
  • とか。

    なーんだ、という気もしたけど、この会社の青野慶久社長は、

    「誰もが気軽に副業できる世の中にしていきたい。しかし、今は副業禁止の企業が多数なので、やむを得ずこのような措置を取っているんだ」

    という思いではないでしょうか?

    この見方が正しくない、としても、サイボーズの採用方針、採用施策を称賛したいですね。

    punch bomb impact

    副業禁止規定を設けている会社の社長は、訴訟を起こされて当然だ!

    副業禁止規定を設けている会社の人事勤労担当役員は、訴訟を起こされて当然だ!

    副業禁止規定を設けている会社の人事勤労部長は、訴訟を起こされて当然だ!

    2017年12月30日 (土)

    副業禁止企業の社長、人事勤労担当役員、人事勤労部長は訴訟を起こされても当然だ!

    コニカミノルタやDeNA が副業を容認するそうですね。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25163440X21C17A2MM8000/

    カゴメも副業容認を検討とか。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017122800589&g=eco

    そもそも副業禁止は憲法違反です。憲法22条違反です。

    一つの職業に専念するのも、複数の職業を選択するのも自由であるべきなのです。

    副業禁止規定を設けている会社の社長、人事勤労担当役員、人事勤労部長は訴訟を起こされても当然です。

    副業禁止企業の社長は、従業員に訴訟を起こされても当然だ!

    副業禁止企業の人事勤労担当役員は、従業員に訴訟を起こされても当然だ!

    副業禁止企業の人事勤労部長は、従業員に訴訟を起こされても当然だ!