2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

人妻

2018年6月14日 (木)

人妻・辻希美を大いに賛美し、大いに応援したい!4人とも不倫の子ではなく、夫・杉浦太陽の子なら

元モーニング娘の辻希美がなんと、第四子を妊娠したのですね。

少子化の世の中だというのに、4人目とはすごいことだ!

https://news.mynavi.jp/article/20180614-646829/

https://www.iwate-np.co.jp/article/oricon/2113600

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180614-OHT1T50169.html

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806140000620.html

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/14/kiji/20180614s00041000234000c.html

これまでの3人の子も、そして第4子も不倫の子ではなく、夫・杉浦太陽の子なら、辻希美を大いに称えたいですね。

4人の子がみんな健やかに育って、立派な人間になってほしいもの。

とにかく、4人とも不倫の子ではなく、夫・杉浦太陽の子なら、

人妻・辻希美を大いに賛美し、大いに応援したいですね。

頑張れ、人妻・辻希美!

4人の子を清く正しく育てよ!

ちなみに参議院議員蓮舫が産んだ子は2人とも不倫の子でしょうね。

また、日本共産党は親子、夫婦、兄弟姉妹であっても、党に批判的な言動をする者を密告させる世の中を暴力で実現したがっている政党だから、人妻の不倫を影で煽動する政党、人妻に不倫の子を産ませることを煽動する政党だと見做していいですね。

2018年6月 2日 (土)

人妻・吉良よし子の子は不倫の子?日本共産党の人妻党員の下半身は?

日本共産党がいくら口先で立派なことを言っても、所詮テロ政党・インチキ平和政党・インチキ護憲政党(日本人民共和国憲法への改憲政党です)・死刑大国の仲間・女性政治犯強姦凌辱国のスパイ・拉致加害国のスパイ・少数民族虐殺国のスパイ・尖閣諸島軍事侵略国の仲間・南沙諸島軍事侵略国のスパイです。

東京都選出の参議院議員・吉良よし子もその一人。

テロ政党・日本共産党の吉良よし子には子どもがいるのですね。

もしかして、

人妻・吉良よし子の子どもは夫・松島祐一郎の子ではなく、不倫の子?

吉良よし子が産んだ子は不倫の子?

今も人妻・吉良よし子は夫・松島祐一郎以外の男とバコバコやっている?

吉良よし子自身、母親の不倫の子?

と、決めつける気はないのですが、

千葉麗子が書いた「さよならパヨク」という本を読むと、

「吉良よし子の子どもは夫・松島祐一郎の子ではなく、不倫の子?吉良よし子が産んだ子は不倫の子?」

と疑いたくもなります。

かつて、日本共産党はポルノ批判をしたこともあります。

故・上田耕一郎が雑誌のインタビューで

「党員が風俗店に出入りしたら、即除名だ」

と言ったこともあります。

だから、私も日本共産党を性にお堅い政党だと思い込んでいました。

でも、逆なのですね。性が乱れているのですね。というか、性の乱れを影で煽動して、他に責任転嫁しているのですね。

もしかして、

日本共産党の母親党員の大部分は不倫の子を産んだ?

日本共産党の人妻党員の下半身は不特定多数の〇んぽを咥えるためのもの?

とまで疑いたくなります。

レーニンは

「議会では庶民を欺くためにおしゃべりをしているに過ぎない」

といったけど、日本共産党こそ、最大の庶民欺きの政党なのですね。

自民党顔負けの庶民欺き政党なのですね。

口先では「労働者の味方」「貧乏人の味方」であるかのような言動をしているけど、一部の共産貴族はブルジョアジー顔負けの生活を楽しんでいるし。

日本共産党の言うことには、一字一句に大嘘があるくらいに見ておかないといけませんね。

2018年5月26日 (土)

子どもを産む度に磨きを掛けた人妻

私の職場で産休を取っていた人妻社員が復帰した。

子どもを保育園に預けてから出勤するので、他の社員より遅く来て、他の社員より早く帰る。

だけど気のせいか、この人妻社員、産休に入る前よりもおしゃれになったというか、女としてさらに磨きがかかったような気がする。

復帰後、職場の者から

「おばさんくさくなったなあ」

と言われないように、

「母親であると同時に、女であることを忘れないようにしよう!」

「女としての魅力をもっとつけよう!」

と心がけていたのかな?

世の中は少子化が進行しているというのに、この人妻社員は3人の子を産んだ。

産んだ子が不倫の子か否かまではわからない。

夫との仲も良さそうだけど。

だけど、子どもを産む度に女としての磨きをかけていくこの人妻社員に拍手を送りたい👏!

ところで、日本共産党が暴力革命で実現したがっている社会とは、

日本共産党や党中央・党幹部・党首、その他党の政策などに少しでも批判的な言動をする者を密告させる社会です。それがたとえ夫婦・親子・兄弟姉妹であっても、密告を強要させる社会です。

つまり、日本共産党にとっては夫婦愛、親子愛、兄弟姉妹愛は邪魔者なのです。

仲のいい夫婦も引き裂きたがるのも、日本共産党の陰謀とお考えください。

人妻に不倫の子を産むことを影で煽動しているのも日本共産党の陰謀とお考えください。

Photo

2018年4月30日 (月)

アサヒ芸能に連載される人妻ヌードについて

アサヒ芸能って、エッチな記事の多い週刊誌ですね。そうでない記事もありますが。

アサヒ芸能って、人妻ヌードを毎回掲載していますね。

今回は何と11人の人妻ヌードを掲載しています。過去のものをまとめたのでしょうね。

だけど、みなさん、きれいに映っていますね。

この人を抱ける旦那さんが羨ましくなる人もいますね。

私も人妻ヌードを否定しません。

世の中には自分の妻のヌード写真をネット上に掲載する人の価値観も尊重します。

自分のヌードを写真に残したいという人妻の価値観も尊重します。

http://www.tuma-pro.com/index2.php

diamond cake apple

だけど、不倫はやめましょう!

夫婦の営みが面白くないなら、48通りの体位の中でいくつかを試してみる、夫にマムシ料理を食べさせたり、ヤマイモやニンニクをバンバン食べさせればいいのです。

いずれにしろ、不倫はやめましょう!

不倫は日本共産党の暴力革命に手を貸すことに繋がります。

日本共産党は、党や党中央・党幹部・党首に対して少しでも批判的な言動をする者を密告させる社会を暴力で実現しようとするテロ政党です。

だから夫婦愛、親子愛、兄弟姉妹愛などは邪魔なのです。不倫をバンバン煽動して家族を崩壊させることが、テロ政党・日本共産党の糧になるのです。

Photo_3


Photo_4

2018年4月22日 (日)

自分の妻のヌード写真をネットに掲載する人々

世の中には、自分の妻のヌード写真をネットに掲載する人がいるのですね。

「妻をプロデュースする」

http://www.tuma-pro.com/

というサイトです。

当初、こういう人を奇人変人のように思っていましたが、その後、そういう人の価値観も尊重すべきだ、という考えに変わりました。

中には、

「いいからだしているなあ。この人を抱ける夫が羨ましい」

と思えることがあります。

ヌード撮影はその人の価値観や趣味の世界。

でも、不倫はいけません。

thunder

日本共産党は不倫煽動政党です。

日本共産党は党や党中央、党幹、党首に批判的な言動をする者を簡単に死刑にできる世の中を暴力で実現したがっている政党です。

そういう言動をする者を密告することを奨励する世の中を暴力で実現したがっている政党です。だから日本共産党にとっては、夫婦愛、親子愛、兄弟・姉妹愛、友情は邪魔でしょうがないのです。

だから不倫は大賛成が日本共産党の本音とお考えください。

人妻が不倫の子を産んで、夫婦、親子関係が破壊されること大賛成なのが、日本共産党!

不倫で精神的に傷付いた人を暴力革命に利用したい(利用するだけ、利用して最後は消すつもり)のが、日本共産党!

このようにお考えください。

こんな連中の煽動に乗らないように注意しましょう!

Photo

2018年4月21日 (土)

こういう人妻は賛美・称賛されるべきである

私の職場のある人妻社員は3児の母親でもある。

3人とも夫の子か、1~3人は不倫の子か否かは知らない。

もし、3人とも夫の子なら、この人妻社員は称賛されるに値する。

少子化対策を考えるなら、

3人以上の子を産み、その子ども全員が夫の子ならば、そのような人妻を賛美・称賛すべきである。

また、妻に子種を提供した夫も賛美・称賛されるべきである。

国もそのような夫婦に賞金を与えるとか、一時的に減税するとか、老後年金にプラスアルファを加えるなどの政策を取るべきである。

夫婦仲の良し悪しに関わらず、破壊したがるのが社民党の福島瑞穂とか、元民主党国会議員の小宮山洋子である。

また、日本共産党は、党や党中央・党幹部・党首に少しでも批判的な言動をする者を密告させる世の中を非情なる暴力で実現しようとするテロ政党である。日本共産党は、親子愛、夫婦愛、兄弟姉妹愛、友情を邪魔者扱いする社会を実現したいのである。何故なら、党や党中央・党幹部・党首に少しでも批判的な言動をする者なら、たとえ親子、夫婦、兄弟姉妹、友人であっても密告させたいからである。

人妻の不倫を影で煽動するのも日本共産党の仕業を考えるべきである。性の乱れを助長すれば、暴力革命がしやすくなるからである。

Photo

2018年3月30日 (金)

ミニスカを武器に人妻になった女?

職場にミニスカで出勤する女がいた

パンツで来ることもあるけど、えっ?と思うようなミニスカで来ることが多かった。

生理中はパンツにするのかな?

「それにしても、この女、会社に男をひっかけるために、ミニスカで来ているのか?」

そう疑わざるを得なかった。

そしたら、このミニスカ女、なんと、同じ部の男をゲットした。

ミニスカを武器にして男をゲットした?

ミニスカを武器にして人妻になった?

この男がこの女のミニスカにうまい具合に引っ掛かった?

bell

こんな見方もしたくなるけど、仲が良ければいいんじゃないの?

お互いに不倫をしなければいいんじゃないの?

とにかく、仲良くやれよ!不倫なんかするんじゃねえぞ!

thunder

日本共産党は不倫煽動政党です。

日本共産党は党や党中央、党幹、党首に批判的な言動をする者を簡単に死刑にできる世の中を暴力で実現したがっている政党です。そういう言動をする者を密告することを奨励する世の中を暴力で実現したがっている政党です。だから日本共産党にとっては、夫婦愛、親子愛、兄弟・姉妹愛、友情は邪魔でしょうがないのです。こんな連中の煽動に乗らないように注意しましょう!

2018年3月21日 (水)

ミニスカ人妻の真意は?

以前、取引のあった会社の担当営業は女性だった。人妻だった。

とても明るい笑顔で、輝いているような人妻だった。

色っぽいところもある人妻だった。

夫と楽しい夜のひと時を過ごしていたのだろうか?

この人妻営業、いつもミニスカでやってきた。

ロングスカートやパンツで来たところを見たことがない。

とにかく、いつもミニスカだった。

夫のこともミニスカで誘惑して、自分のものにしてしまったのだろうか?

だけど、この人妻の真意は何?

1.単にミニスカが好きだから

2.夫がミニスカが好きなので、それに応えている?

3.ミニスカの下にはショーパンや1分レギンスのようなものを穿いているので見られても良い、という感覚?見た男をがっかりさせるため?

4.夫以外の男を誘惑するためにミニスカを着用する?

5.夫と共謀して男を罠に陥れて、「慰謝料」称して金を脅し取るためにミニスカを着用する?

6.顧客側の担当者が男ならミニスカで誘惑してやろうとするための、この人妻独自の営業戦術?

などと考えてしまう。

2018年2月 5日 (月)

色気のない人妻

男目線的な言い方だけど、女の色気を感じない人妻がいた。

「こんな色気もへったくれもない女に、よく惚れた男がいたものだ」

と思ったが、それは間違った見方だと考え直した。

もしかすると、この人妻は、夫以外の者には色気を見せない主義なのかもしれない。

色気のあるとか、ないとかいう次元ではなく、性格的な素晴らしさゆえに一人の男の心を捉えたのかもしれない。

色気のない女なら、不倫に誘惑されるリスクがない、と男が判断して妻にしたのかもしれない。

いずれにせよ、夫婦仲良くやっていればいいじゃないの。

しかるに、社民党の福島瑞穂のように仲の良い夫婦まで別れさせたいなどという考えをもってはならない。

元民主党の国会議員・小宮山洋子のように、自分が3回離婚したことを理由に、専業主婦に敵意を抱いたり、仲の良い夫婦を引き裂きたいという気を起こすのも言語道断。

日本共産党は、党首や党を批判する者を投獄・粛清できる世の中を暴力革命で実現したがっているので、日本共産党にとって、夫婦愛・家族愛・親子愛・兄弟姉妹愛は邪魔物に過ぎない。だから不倫で家庭が崩壊することは大歓迎。

つまり、不倫は日本共産党の暴力革命に手を貸し、自分や自分の愛する人を死刑台に送ることつながるのである。

仲の良い夫婦を応援することが、世のため人のためなのだ。

2018年1月31日 (水)

頑張れ、若き人妻よ!

先日、電車の中で一人の若い人妻が資格試験の勉強をしているのを見た。

この若い人妻の考えは、次のどれに近いのでしょうか?

「夫の稼ぎに頼らず、自分も稼げるようになろう!」

「自分も稼げる者になって、夫と協力しあって二人の生活を築いていこう!」

「いずれ夫を捨てるので、自立できる女を目指そう!」

「夫を利用するだけ利用して、いつでも別れられるようにしよう!」

どれであれ、頑張っているのはいいことである。

頑張れ、若き人妻よ!

と言いたい気分だった」。

もちろん、不倫を頑張れと言っているのではない。自己啓発、学習に取り組んでいることに頑張れという気分なのだ。

民主党議員だった小宮山洋子や、暴力革命政党・北朝鮮のスパイ政党の日本共産党のような考えを持ってはいけない。

かつての民主党議員だった小宮山洋子のように、自分が3回も離婚したことを理由に仲のいい夫婦まで別れさせよう、という考えは絶対に持ってはいけない!

党や党の代表を少しでも批判したら、夫婦であっても密告させる世の中を暴力革命によって実現しようとする日本共産党を支持することも絶対にしてはいけない!不倫は北朝鮮のスパイ政党・日本共産党の暴力革命に手を貸すことだ。